理念

自然とともに生きる

自然とともに生きることは極端な退化を指したものではなく、今日における様々な技術革新と文化を活かし、より優れた未来を創る進化を指します。

循環型社会の実現

私たちは持続可能な社会の実現のために、木炭・木質炭素の利用を通して炭素循環を行います。

私たちが大事にしている3つのこと

暮らしと自然をつなぐ

生活の中での消費や産業は自然との隔たりを感じます。「もののはじまりとおわり」「適材適所」を考えることで、私たちは社会と自然のつなぎ手でありたいと思っています。

ものの始まりと終わり

製品には前後があります。私たちはものづくりにおける見落としがちな前後を含む「ものの始まりと終わり」を大切に考えています。

適材適所の思考

この言葉は様々なものに当てはまります。多くのものにはまだ見つけられていない居場所があります。そんな居場所をいつも探しています。